タコ噛みージョ

アヒージョと名のつく、料理を作った。

わたしは、完全にアヒージョと名のつくそれに混入したタコを飲み込むタイミングを失い、噛み続けることに時間を費やしているのだが、はて、タコ噛み空間以外の人々は、今頃なにをしているのだろうか?と考える。部屋に篭りきりの生活で毎日が単調に感じるが、疑問や想像は無限で無料だ。

 

話は変わり、以前に綴ったJVNに絵を送り続けるというストーカー気質発動系の件。

何と、ストーカー12日目にして返信がきた。

プライベートメッセージにて肯定的な返信。

まさかメッセージが届いていたとは…。まずそこに驚き、また返信をくれた心広きJVNに感謝。

今後、どうするべきか、瞑想を繰り返した結果、続けることにした。

便利なことにメッセージを開いたかどうかを確認することができる「既読」マーク。

今のところ返信は一度のみだが、既読は毎日確認できるので否定的ではないと信じよう。

もちろんモラルは守っているよ。