出産レポートその9

2021/5/31(月)術後7日目


5:00 目覚める。熟睡できた。夢も見てない、夜中も途中で起きてない。ありがたい。こんなにも身体のしんどさが違うなんて。感謝🥲

 


6:00 赤ちゃんお迎えに。いい子だったって。良かった。ごめんね。しっかり休めたから今日は一緒にいようね。

 


8:00朝ご飯。

納豆最高!!!!でも、あんまり時間がなくてゆっくり食べれてない。

写真も忘れました。

 


8:15 忘れていた採血。4本...。

 


8:30 エステに続き今日はシャンプーサービス。頭スッキリ!本当気持ちが良い。

 


9:30 赤ちゃん沐浴へ。またね。

 


10:30 ばっこう&医師の診察。他にも待ってる人がいたので話しかけると私の手術の直前に帝王切開した人だった。3人目だって。

「ばっこう、痛いんですか?」と聞くと「痛くないよ〜」とのこと。本当に痛くなかった!(笑)というか何も感じなかった。手汗めちゃくちゃすごかったけど手汗出し損でした。

 

医師の診察。特に問題ないようで、明日退院の許可が出ました!やった〜!寿司!

体重、産後初めてはかった。産む前より5キロ減った。あと1キロで元の体重に戻る感じ。元々太ってるけど。

とりあえず痛い系のイベントはこれにて全て終わった。ホッ。

 


12:00 御祝い膳。おいしすぎて目の前の鏡に映った自分の目がまんまるになっていた。コロナで外食してなかったし、一人でゆったりとこんなにおいしいもの頂けて幸せ。本当は7階のレストランでの食事みたいだけど、コロナで自室にての食事。それでもこのクオリティーの料理、大満足です。

f:id:damomiiwasaki:20210601040841j:image
f:id:damomiiwasaki:20210601040831j:image
f:id:damomiiwasaki:20210601040835j:image
f:id:damomiiwasaki:20210601040828j:image
f:id:damomiiwasaki:20210601040838j:image

 

 


13:30 今日来てくれた看護師さん、母乳のスペシャリストみたいだった!

すごく分かりやすく具体的なアドバイスくれてめちゃくちゃ救われた。安定感100の看護師さん。まだ補助具使いながらの授乳だけど、結構、出は良い。暇あればマッサージして赤ちゃんにたくさん吸わせれば直接吸わせられると思うよって。マッサージテクニックもすごい。張りがあり痛みがあったけどめちゃくちゃ楽になった。肩こりが解消するかのようなスッキリさ。マッサージ大切なんだね。牛になったような気分。牛乳嫌いだけど、赤ちゃん飲んでるとこ見てるとめちゃくちゃ美味しそうなんだよなあ。「はあ〜うまい!最高!グビグビ」って感じで。

とりあえず手厚いサポートに感謝です。

 


14:00 退院指導。院長先生からのお話。10人くらいの患者さんが集まって話を聞く。院長先生の声が優しくてウトウトする。指示された用紙と違う用紙見てたら「それじゃありませんよ、こちらですよ」と注意受ける。見てないようでよく見てるな(笑)

語尾が優しいトーンで下がるから少しずつ催眠術かけられてるような気分になった。でも退院後の詳しい流れ、注意点などタメになる話だった。

院長先生の話の後、産院からプレゼント。服とかいろいろ種類があったけど、わたしは授乳クッション一択。用意してなかったからマジで助かった!ありがたいです。

 


17:30 昼間の看護師さんもすごかったけど、更にベテランな風格の助産師さん登場。更に母乳について手厚く指導してもらった。

不安なこと小さな疑問も的確に答えてくれる。

乳マッサージも今までしてくれた人の中で最速で出が良くなり、最も柔らかくなった。マッサージされながら、この人はいくつくらいの乳と向き合ってきたんだろう?数知れず...か。というか乳ってどうやって数えるんだろう。一房?二房?

「すごいすごい!いい調子だね!このまま続けてね!」って褒めてもらえて心強かった。

赤ちゃんは、ママのミルク飲んでどんどん大きくなってね〜。

 


18:00 夜ご飯。明日の朝ご飯でここでの食事も最後かあ。全ての食事がおいしかった。ありがとうございます。いちいちおしゃれで素晴らしい。

f:id:damomiiwasaki:20210601040920j:image

 

 

 

 

早いもので、明日退院です。

子どものころから子ども好きで、夢はお母さんになることでした。

こんな私と気が合う旦那に出会えたことも(日本のほぼ裏側出身)ミラクルラッキーだったけど、人生の中で最も幸せな瞬間のこと忘れたくなくてこのメモを綴ってきました。

また、私も出産前は不安&恐怖でいろんな人のエピソードを震えながら読み漁っていたので、これからその1エピソードになれば良いなあと思ったり。絶対大丈夫だよ。未知なる不安や恐怖に震えるけど、目の前のこと(痛みとか恐怖のか不安も)一つ一つ向き合えば一つ一つ乗り越えていける。なんとかなっちゃう。絶対大丈夫。

 

読んでくれてありがとうございます。

 

 

 

 


おーい!わたしお母さんになったよ〜!

出産レポートその8

2021/5/30(日)術後6日目

 

3時間ごとのお世話。なんとかめげずにやれている。

空もだんだんと明るくなってきて、大きな窓から月が見える。もしも皆既月食スーパームーンのあの日のときこの部屋だったら綺麗だっただろうなあ。あの時はまだここに移動前の小さな部屋で痛みと闘っていたから。

 


結局タイミングが掴めず一睡も出来なかったが、この子本当によく寝てくれる。起こして授乳する感じ。こっちが寂しくなって構いたくなる。今後はそうも言ってられないんだろうけど(笑)本当に可愛い。

夢中になっているとお腹の傷の存在を忘れ、無理な姿勢をとったために、激痛が走った。「あ、手術したんだった!」と思い出す。

 


また、傷が良くなるまではくしゃみは二度としたくないので、大きく鼻で素早く呼吸し、むず痒さを散く。いきみ逃しならぬ「くしゃみ逃し」術を身につけた!!

 


6:40 夜勤の看護師さん検温と脈はかり来る。

 


8:00 ご飯きたー。共用部分にトースターがあるので、パン焼いたらめちゃくちゃおいしかった。これははんぺんのピザ。ほう。

f:id:damomiiwasaki:20210531060045j:image

 


10:00 沐浴指導。赤ちゃんひっくり返して背中洗う場面、難しすぎる!おしりは可愛いけど。助産師さんが丁寧に教えてくれた。この赤ちゃんの背中初めてみた(笑)「毛深いなあ」と言ったら「毛穴の数は大人と同じなんですよ」って教えてくれた。密集してるの?可愛い。

 


血栓予防注射も無事終わった⭐︎

あと残すところの痛そう系は明日のばっこう(傷口がホチキスで止まってるからそれを取る)をのみ...。噂では毛抜きで毛を抜く程度の痛みだとか?最後の最後で一番激痛だったらどうしよ(笑)

 


12:00 お昼。和食屋の定食じゃん。サガミじゃん。入院中ということを忘れる素晴らしいサービスです。

f:id:damomiiwasaki:20210531060054j:image

 

 


赤ちゃん今日はミルクよく飲む。「うぎゃあうぎゃあ」と全身全霊でのお腹すいたアピール可愛い。私が近づくと飲めるのがわかるのかな?泣き止むのすごい。

何回か足してようやく満足したのか、スッと寝た。ちょっと寂しいが今のうちに寝ておかなければ。

 


16:00 母面会くる。

頼んでいた荷物をドンっと机の上に置き、吸い寄せられるように孫の元へ。写真撮りまくり(笑)こちらがあーだこーだ話しても空返事...バァバ溺愛継続中...赤ちゃん言葉連発。

母が見てくれてる間におやつのプリン流し込む。写真忘れました。

 


昨日の一睡も寝てなさが影響し、ここに来て頭がぼーっとして来る。

 


17:00 母帰る。

赤ちゃんまだ3時間経ってないが、腹減りめちゃくちゃ泣く。授乳する。落ち着く。

 


18:00 少し仮眠をとろうとウトウトするが、赤ちゃんまためちゃくちゃ泣く。オムツ変え、授乳、などいろいろやっても泣き止まない。勢いよく泣く姿がめちゃくちゃ可愛いくて笑ってしまうが、この調子では今夜も徹夜か!?とちょっとめげそうになる。

結局、お腹は空いてなさそうなので抱っこしてあやす。やっぱり自作の子守唄と頭なでなでして寝てくれる。構ってほしかったかな?

 


3時間おきの授乳と聞いて、じゃあ間のその時間は休憩したり眠れるわ〜と漠然と思っていたが、赤ちゃんもロボットじゃないのその通りには全くならない。

まだ母乳の出が完璧じゃないのでミルクと混合なんだけど、ミルクは3時間おきにして、その他欲しがる時は母乳。母乳は欲しがるだけ与えていいとのことだから、本当いつ寝るの!?という感じ(笑)プラスおむつやグズリ、いろいろやることも地味にある。子育てってすごい!!体験してみて体感で感じるすごさ!母乳が出る身体の不思議や教えてもないのに乳を吸える赤ちゃんもすごいし、すごい眠い!!(笑)慣れるかな?ひぇえええ〜といろいろ考えていると

 

 

 


18:30

コンコン

「失礼しまーす。」

夜勤の看護師さんくる。ん?この声は?

 

 

 

 

 

 

 


オカリナ!!!!!

 


天使!救世主!ジャンヌダルク!!(?)

 

 

 

 


助かった...。とりあえず今日の感じを説明し、「間の3時間だけで良いので睡眠をとりたいです。その間、預かってもらえますか?」と聞くと、オムツやおしっこ、授乳やミルクの回数が書いてある表を見ながら「お母さんの苦労が見て取れますね...大変でしたね。お母さん3時間とは言わずしっかり休んでいいですよ。キリが良いところまで授乳したらナースステーションで朝までお預かりしますよ。」

 


肩の荷がスッと降りた。良いの?我が子なのにまともにお世話も出来ず...預けていいの...と思ったが、今はまだ初心者マーク付き。不慣れな中での練習中。失敗とか分からんこと新しい発見だらけ。気もすごいはる。

プロフェッショナルがたくさんいるこの最強な環境、甘えられる環境がありそこから甘えていいですよとのお言葉。うん、しんどいときは少し甘えて良いのかもな、と思った。

無理はするけど、無理しすぎは良くないよね。今日明日乗り切れば...という話じゃない。先は長い。預けることにした。

 


そして...

「あの、もう一つ良いですか?変なお願いなんですけど、看護師さん(オカリナ)のケアがとても素晴らしくて、もしまた担当になったらお礼言いたいな、と思っていました。

淡々としてるんだけど、電気の有無や空調の温度などしっかりと患者目線で細かいところまで配慮しているからこその声かけ、変化にすぐに気がついてくれて、術後まもなくて全く動けないとき、身体的にも精神的にも本当に助かりました。

忘れないための思い出用として赤ちゃんと写真撮ってもらえませんか。」

 

 

 

 


オカリナは嬉しそうに「こんなぺぇぺぇなのに!」と5回ほど繰り返していた。

あまりにも連呼するので、脳内ミュージックが感動的な雰囲気から、PayPayのCMの歌へと変わってしまった。

 

 

 

オカリナと赤ちゃんの写真をゲット!!

この入院生活で赤ちゃんが取り上げられた瞬間の次に嬉しい出来事でした。

 

 

 

オカリナ部屋出てくときに「ここの電気はつけますか?」と良い残し去ってった。そこの電気はいらんよ。むしろ一番いらんよ。謎だけど、素晴らしい人です

 

 


20:00 ミルクの時間なので起こすが全く起きず(笑)母乳たくさん飲んでくれたから満足したかな?泣いて、ちょっと起きて、うんちおしっこして、なんなんだ?この可愛い生き物は?と寝顔をじっと見る。

 

 

 

21:00 赤ちゃん預ける。寂しい。ごめんね。ママ、今日はしっかり寝るね。要領悪くて眠れなくて疲れちゃったの。また明日迎えにいくからね。一緒に遊ぼうね。ごめんね。

 


瞬殺で爆睡。

出産レポートその7

2021/5/29(土)術後5日目

2:40昨日21:00には就寝し、ちょくちょく目は覚めるがすぐに寝付くことができ久しぶりにまとまって寝ることができた。入院前も後期つわりでここまでまとまって眠れてなかったので、とってもスッキリ!

部屋の大きさもベッドも昨日の部屋の倍以上あるので開放感もある〜。

本当今の部屋はホテルをイメージしたってだけにホテルそのもの。贅沢です。

今夜赤ちゃんが同室だったら、授乳で起きていた頃かな〜と考える。

というか今夜は何人の赤ちゃんがこの病院で産まれているのかな〜。同時に新しいお母さんも誕生しているんだなあ。


トイレ寄って再び寝る。


6:15 「やっぱり親戚で集まると遠い親戚とは共通の話題なくて会話が続かないでしょう。でもあのおじいさんが言ってたよ。あのお姉さん(私のこと)は良かったって、もう一度行っても良いって言ってたよ。」と知らないおばさんに言われた夢を見て起きた。

あのおじいさんって人、亡くなったじいちゃんのお兄さんの顔だったような...突拍子もないいつもの夢になりました。


あー今日の授乳うまくいくかな...小学生の頃コンパスを使ってうまく円を書けなくて泣いた記憶が蘇る。お母さんに言ったら少し値段のはるシャープペン付きのコンパス買ってもらって嬉しくてすぐ出来るようになった。

気の持ちよう?


6:40 夜勤の看護師さん、検温、脈来る。

赤ちゃん10:00に来るぞ〜!がんばるぞ〜!


気合い入れすぎると空回りするので、紅茶を入れ小さなクッキーを食べる。

YouTubeでオムツ換え方や抱っこの仕方などを見る。おさらい、イメージトレーニング。頭の中も整理する。寝れたおかげか頭の中もスッキリ!昨日までは頭の中がごちゃごちゃしてたけど、あれ?意外と覚えることは少ない!?

そしてこの入院のために友達からもらった素敵な本を開く。ようやく出番。ようやく見ることのできる環境・状況・気持ちになった。入院準備にリラックス要素大切だね。ありがとう。

f:id:damomiiwasaki:20210529174354j:image

 

 


8:00 朝食。ホテルの朝食だ〜。毎回感動します。彩り、バランスの摂れた食事。自分で作らなくて良くて洗い物までしなくて良くて...贅沢です。

f:id:damomiiwasaki:20210529174038j:image

 

 


9:00 部屋の掃除に来てくれる。


テレビで、母チンパンジーと愛くるしい赤ちゃんチンパンジーの映像が流れる。このお母さんは上手に抱っこできとる...看護師さんや助産師さんも居ないのに!すごいっ!なんで子育て方法知っているんだろう、本能か?

私も人間、動物としての本能を呼び覚まそう!わけわからんけど、ちょっと瞑想してみる。(笑)

 


9:45 医師の回診。いつものチェック。異常なし。


10:00 日勤の看護師さん来てくれる。優しい人ばかり。すごい仕事だよ。ありがとうありがとう。丁寧に乳マッサージしてくれた。

血栓予防の注射。痛い。あと2回...。(笑)

 


10:30 赤ちゃん来る。

1時間ほどかけてゆっくり指導してくれた。そのおかげでなんとか看護師さんの力を借りずに一人で出来るようになった。やったね!!まだぎこちないけど理屈からきちんと教えてもらって勉強になった。


そんなこんなな中「オペ室コードブルー発生!コードブルー発生!」と館内放送が鳴った。

ひいいいいいい。と震えているとナイスタイミング!臨床心理士さんが訪問してくれた。泣いたりなんだり面倒をかける患者なので、来てくれてたんだろう。ありがたいです。話を聞いてもらってホッと安心。

手厚いサポートに感謝です。一人じゃなにも出来ない。

 


12:00 お昼来る。

f:id:damomiiwasaki:20210529174153j:image

 

しかし赤ちゃんめっちゃ泣く。お腹めちゃ減り!!よーし!と気合いを入れ一人で授乳に成功!やったー!やったー!ゲップもさせること出来た!赤ちゃんはいつも上手に吸ってくれる。ママももっと上手にお世話できるようにがんばるからね。

 


13:00 お昼食べる。慣れない授乳で余計な力が入っていたのか身体がどっと疲れる。腱鞘炎にならないようにしないと。

 


15:00救いのエステ30分サービス。疲れた身体にありがたいです。

エステしてくれた人も帝王切開で3人産んだらしい。いろいろ話してくれて身体もスッキリ!頭のマッサージがとっても痛気持ちよかった。至れりつくせり。

 


15:30 赤ちゃんのお世話。まだぎこちないけど、ママ一人でできたよ〜!!たくさん飲んで大きくなるんだよ〜!一生懸命飲む姿が愛おしくてたまらない。

 


17:00血栓予防注射。あと1回のとこまで来た!!ゴールは目前よ!

 


エステでおやつ食べ損なったので、食べる。今日はシュークリーム!贅沢なひととき。こういうホッとなひとときを満喫しよう。

f:id:damomiiwasaki:20210529174207j:image

 

 

ベッドの上でウトウト...赤ちゃんの「ふにゃ」みたいな声にハッ!っとなる。これ私寝れるのかしら?

 


18:00ご飯くる。ホタテのサラダ!?大きなホタテ!贅沢〜!

f:id:damomiiwasaki:20210529175917j:image


18:30 赤ちゃんタイム。良い飲みっぷり〜。

それから3時間ごとにそれら繰り返し。理由不明で泣く時は、妊娠中に毎日歌い続けたこの赤ちゃんのために作った歌を頭なでなでしながら歌うとスーッと落ち着いて寝た。随分と長い逆子だったから頭の位置が常に把握できて、いつも頭なでなでしてた。

やっぱり私のお腹にいたんだな、この子。

 

そういえば、今日はお七夜。旦那さんが命名書に赤ちゃんの名前を書いてくれた。何度も何度も練習したんだって。漢字圏じゃないから苦労しただろうに...。ありがとう。

 

出産レポートその6

2021/5/28(金)術後4日目

4:15 狭い路地の奥にある古い喫茶の店主、白い髭のおじいさんに、人形劇を使って昨日の嫌だった出来事を説明する夢をみた。気持ちがどんどん穏やかになってくのが分かった。あと覚えているシーンは、人形劇に熱が入りすぎて膝でテーブルを下から押してしまった時、テーブルの上に置いていたコーヒーカップ、中身がゆらゆら揺れたこと。中身はコーヒーだった。妊娠中カフェインにはかなり気をつけていたので、「産んだんだ。」と思った。

見る夢がちょっとメルヘンになってる。赤ちゃんがいる影響だろうか。もっと奇想天外で生々しい夢を見ることが多かったのだけれど。

 


6:30 夜勤の看護師さん検温、脈来る。

 


8:00 朝ご飯!わー!豪華!普通食になった!嬉しい。キヌアサラダ!?お洒落!食事が摂れる喜び。

f:id:damomiiwasaki:20210528180850j:image

 


8:30 部屋移動。大きな部屋になりました。4タイプの部屋があるけどグリーンっぽい部屋。ピンクは嫌だったから良かった。

 


9:30 医師や看護師の回診。子宮収縮チェック、傷チェック。血栓予防の注射。あと4回...。一気に6人くらいぞろぞろ人が入ってきて急に嫌な気分になる。(←なんでか分からん。)

朝は普通に元気で平熱。少し前に朝食も全部食べたのに、このときの体温37.7だった。何かがおかしい(笑)

一人になり次第にポロポロ涙が出てくる。昨日の看護師さんからの「抜歯の痛みの経験あるから帝王切開の痛みもめっちゃ分かる」発言を思い出し、余計に泣けてくる。全て嫌だと感じる。あーとりあえずこれは泣けばスッキリするやつかな?としばらく涙が続く限り号泣。

 


10:00 今日から同室。えーんえーんの腹減り赤ちゃん登場。しかし赤ちゃん来るも私も泣き止めず、一度赤ちゃんは下がって、日勤の看護師さんに話聞いてもらう。

しばらく話を聞いてもらい落ち着いてきたので、「気持ち切り替えますので、赤ちゃん連れてきてもらえますか?」と授乳開始!今回も少し出来ました。でもまだまだ完璧じゃないなー。抱き方、ミルク、おむつ、着替え、の説明を聞く。実際やるのは難しい。力加減とか、首を持つ位置とか、抱き方もこれで良いのかと不安になる。ふにゃふにゃ赤ちゃん。めちゃくちゃ可愛い。

 


12:00 お昼ご飯!めちゃくちゃおいしい。お肉も良いお肉だと思うしパイナップルもすごくおいしくて幸せ。今日は韓国の日だね。

f:id:damomiiwasaki:20210528180902j:image


13:30 授乳時間。おむつ替え。なるべく一人で出来る様に頭をフル回転させてがんばる。看護師さんも褒めてくれたり、無理しなくていいと言ってくれる。

鈍臭くてごめんなさい。

 


14:30 部屋についてるシャワー浴びる。

入浴中の札をしておけば誰も入ってこないという話。それが嬉しかった。

今まで全てを曝け出し&1日に何度も訪問があり、その度に何か痛い思いを何十回と繰り返してきたので、「入浴中の札があるときはホッと一息の時間だな〜」とのんびりドライヤーで髪を乾かしていたら、ノックの音がして知らない看護師さん入ってくる。

「え?なんで?」と思う。

「出生届ができたので...」とのこと。大切な書類だけど...札の意味ないじゃん...。「ドライヤーの音だったので、大丈夫かな?と思いまして」と。何がどう大丈夫なんだろう?

 


看護師さん大切な書類だからと気を遣ってせっかく来てくれたのに、そんな些細なことを気にしてイライラしている自分が情けなくて再び泣く。わたしはなんて嫌な人間なんだと泣く。もうあの患者には気をつけろ!とナースステーションでブラックリストに載ったに違いないと泣く。とりあえず涙が止まるまで泣く。

 


15:00 おやつ来る。わーい。少し元気でる。(起伏が激しい)

f:id:damomiiwasaki:20210528192401j:image

 


15:10 手術担当してくれた若くて綺麗な先生来る。さっきのこと少し愚痴る。

「この一週間の目まぐるしい変化とホルモンバランスも変わってくる関係で産後はどうしてもそうなっちゃうよね。手術もとっても怖かったでしょう?また何かあったら、誰にも言わないから吐き出していいからね。ここではなるべく安心して過ごしてもらいたいからね。またちょくちょく来るね。」と言ってもらえて安心。手術は誰にしてもらうか選べないんだけど、めちゃくちゃいい先生にたまたま担当してもらえて良かった。幸運でした。

 


15:30 母面会くる。感謝です。コロナで孤独な入院生活だから安心感ある。ありがとう。孫を溺愛。赤ちゃん目がぱっちり開いた、バァバとの奇跡の2ショット撮れる。めちゃくちゃ可愛い顔の奇跡ショット。バァバ激喜び。良かった。

 


16:30 授乳。天性の鈍臭さ&不器用さ発揮。やっぱりまだ不慣れ&不器用&心配性なので授乳のポジショニングが全然とれない。力加減とかもやっぱり難しい。これで良いの?赤ちゃん苦しくない?首ちゃんと持ててる?なんでちょっと悲しそうな顔したの?もしかして痛かった?全てにおいて自信がない。

夜勤は人手も少なく、この昼間のように看護師さんからの手助けをもらうことは難しいっぽい。

なんとなくイメージは出来てきたけど、まだ一人で一晩中赤ちゃんの面倒見る自信がない...。迷惑かかっちゃう。夜中分からんくなってパニクってまた精神的に落ち込むより、潔く今日は預かってもらうことにした。赤ちゃんにも不安は伝わっちゃうよね。

明日にはコツを掴みたい。看護師さんたちは「焦らなくていいですよ、ゆっくりでいいから少しずつ慣れていきましょう。と優しいけど、早く出来るようになりたい。


17:20 血栓予防の注射。クソ痛い。でもあと3回...。

 


18:00 夜ご飯。運んでくれるおばあさんこれでこの人2回目だけど素敵な人。

おいしい。幸せです。

f:id:damomiiwasaki:20210528180915j:image

 

 

今日は早く寝ます。昨日も結局寝付けたのは日付が変わってからだった。でも今日はさすがに眠いので寝つけるかな?放散痛よ、なくなれ〜。

今日術後初めてくしゃみしたら「あ、せっかく閉じたのにお腹開いちゃった!」と思う激痛に襲われた(笑)もうくしゃみ二度としたくない。

 

おやすみなさい。

 

出産レポートその5

2021/5/27(木)術後3日目

 

4:30 目覚める。昨日は寝付きが悪かったが、そんなに寝不足な感じはない。


5:30 三日ぶりにお通じがある。良かったー。いつも快便なのにこのまま出ないんじゃないかと思ってたけど一安心。腸動いているね。人間に戻ってきているようで、そんなことすら嬉しい。


7:00 オカリナくる。オカリナに似てるってだけじゃない。声かけも、一つ一つの処置も一番丁寧な対応してくれる。忘れたくないので写真を一緒に撮りたい。でもなんてお願いすれば!?ドキドキしてるうちに、血圧計ってすぐ出て行った。(仕事なので当たり前)

次は違う看護師さんが来るだろうからチャンス逃したわ。


そういえば、昨日寝付けなかったのはどうやら「放散痛」と呼ばれる新たな痛みが発生したせいっぽい。

開腹手術してるから空気が入って圧がかかって起こる痛みとか。お腹の痛みだけと思いきや、関係ない肩とか他の場所に現れるの不思議。かき氷食べて頭キーン!みたいなことかな?よく分からないけど、昨日はこの右肩の痛みに地味にやられ、なかなか寝付けなかった。痛いけど厄介レベルの方が高かった。左下に寝ると痛くて仕方なかった。体制で痛みがコロコロ変わった。というか人間の身体って本当に不思議だわ。

 


早朝からテレビニュースを垂れ流しにしているので、芸能人が病気や苦難を経て妊娠したニュースが繰り返し放送され、その度にもらい泣きしてしまう。良かったね...奇跡だよね。改めて、無事に産んであげられて、自分も無事で良かったと思う。

 


8:00 朝ごはん。

今日は、煮魚がついてきたー!わーい!わーい!固形のものが嬉しい。

予想では明日から普通食かしら?

 

f:id:damomiiwasaki:20210527213635j:image

 


8:15 見たことない看護師さん。香水?なのか匂いがきつい。嫌な匂い。

柔軟剤の香りのオカリナはもう居ない...。

採血。貧血と炎症の検査だって。

今日の数値が悪ければまた明後日に。良ければ4日後にまた採血と説明を受ける。

腕がすごいことになってきた(笑)注射のあとだらけ。

 


ご飯を食べ終わったら、部屋の外にある配膳室みたいなところへお盆を返すんだけど、今日は昨日より痛みがマシだぞ!痛み止めも切れてるはずなのに、すごいぞ!でも、筋肉痛のような痛みがかなりあるのでヨボヨボと歩く。背中とか腰あたり。

あと傷の周りの皮膚が突っ張るような痛み。

すれ違った他の人は、スタスタ歩いてて羨ましかった。でも、術後からここまで自分の足で歩けるようになったことに感謝。何もかも違うんだから、人と比べないよ〜。

 


9:40 バイタルチェックと子宮収縮チェック、傷の具合チェック。

そして血栓予防の注射...新人さんが行うっぽい。どうやらこの注射が初めてらしく蓋の開け方も分からずオロオロしていたので、ベテランさんに変わってもらう。何回もこの注射のとき後ろで見学してたの知ってるよ。しっかりしてほしい。ただでさえ、この注射痛いんだよう。完全にこの子に対しての信頼はなくなる。もう何もしないで欲しい。何のための見学だったの。ちゃんと見てるわよ。なんだか悲しい。

 


打って変わってベテランさんの注射は今までで一番痛くなかった。交代お願いしたことに対しても優しくサラッと「気持ちわかるよ〜ごめんね〜」って。しかも声かけがめちゃくちゃ優しくて泣けてくる。血栓予防の注射、あと6回...。

 

 


9:50 医者の回診。身体のデカい、感じ悪い男の先生。さっさと傷や子宮収縮チェックして帰ってった。どうやら院長先生らしい。ベテラン看護師さんとの差が激しすぎて余計に感じ悪い(笑)いろんなタイプの人がいて面白い。やっぱりオカリナ推しだけど。

 


医者が帰り最後の点滴。血管が細いらしくしっかり見極めて丁寧に刺してくれた。痛いとか痛くないとかはさておき、そのような対応だけで安心する。嫌な気持ちもダイレクトに来るけど、優しい気持ちもダイレクトに来る。今はそんな時期なんだろうか。

腕を曲げるところに打ったので同じ姿勢で1時間くらい点滴終わるの待ちぼうけ。

 


11:00 点滴終わった〜!これでとりあえず点滴は終了〜!ホッ。

 


11:50 薬剤師さん来る。点滴が終わったので内服。子宮収縮剤、抗生剤、痛み止め。

 


ヨタヨタ、自販機に水買いに行く。やっぱりどんどん痛くなくなってる!!開腹し回復を実感できて嬉しい。(ちょっと韻踏んだ)

 


12:00 お昼ご飯。やはりまだおかゆかあ。贅沢は言ったらいけませんね。右上のペーストされたものはお肉の味もするけど、やっぱり固形の湯豆腐の方がおいしいや。

 

f:id:damomiiwasaki:20210527213652j:image

 


13:00 赤ちゃん来た。

なかなかうまく授乳出来ない。

とりあえず胸が張っているのでマッサージと補助具使って赤ちゃんに吸ってもらう練習。

そのあと哺乳瓶で粉ミルクあげた。

昨日、今日とお産が多いらしく、昼間のベテラン看護師さんもバタバタして全く余裕がない感じだったな。ナースコールもたくさん鳴ってるし、大変そうだった。

忙しいのは分かるけど、「620号室、授乳ダメだったから補助具もってきてー!」と扉の外から聞こえてきて、「はいはい。私は620で、授乳ダメなやつですよ...」とグサッときた。

これが産後のメンタル!?昨日あまり寝れてないせいかな。

 

 

 

次の授乳は16:00。すぐに完璧には出来ないけど、少しずつ前進してる気がするからOKということにする。考えすぎてナーバスになると厄介だというのは自分が一番よく分かっているので、授乳が上手くいかんうんぬんを考えるのはこの辺で止めとくのが良い。

 


14:30 シャワー浴びる。さっぱり。

NetflixYouTube見ながらウトウト。今日は雨降り〜。小さな窓から外を眺めて、少しホームシックになる。でも、ゆっくりできるのも今のうちだろうから、好きな映画とかたんまり見とこ。

 


16:00 赤ちゃん来た。可愛いねえ。

昼間とは違う看護師さん。今回はゆっくり授乳指導してくれる。この看護師さんあんま人の話聞いてないけど結構好きだなーー。

そして少しだけど、なんとか授乳出来たー。よかった。明日から広い部屋に移って同室になる...。

赤ちゃんも私も初めてのことだらけ。一緒に少しずつ少しずつがんばってこうね。

血栓予防の注射も打たれる。あと5回...。

 


18:00

ご飯。炒り卵〜。おいしい。ご飯もたまご粥?みたいになっている。明日はいよいよ普通食かな?ワクワク。

 

f:id:damomiiwasaki:20210527213706j:image

 


18:30

夜勤のナース来る。「新人はもうつけない方が良いですか?」と聞かれる。おそらく昼間、新人さんからベテランさんに注射代わってもらったからそれについて聞き取ってきてってことだろう。

「新人さんが嫌なんじゃなくて、(注射の蓋の取り方も分からなかった昼間の出来事)を患者の前で平気でできる方が嫌ってだけです。ただでさえ毎日不安なので。」と答えた。

これからどうなるか分からない。

というのも、その夜勤の看護師さんは2年目らしく、親身に聞き取ってくれたけど、「帝王切開の傷、痛いですよね〜わたしも親知らずの抜歯したとき超痛くて我慢できませんでした〜!だからめちゃくちゃ痛い気持ちわかります〜!」と言われた。抜歯...帝王切開...仲良しこよしで一緒だね⭐︎

...は?

 


は?は...はははは(笑)(笑)面白がろう。まあいっかって吐き出そう。

初めてのことだらけ。気持ち的にも体力的にも毎日ギリギリ。仕方ない。いろんなことがあるもんだと笑って忘れよう。

私は患者様!神様!これやだ!あれやだ!ってわがまま言いたいわけじゃない。このメモだってあくまで感じたこと忠実に残したいだけで、悪口言いたいわけじゃない。

みんなそれぞれ必死なんだよね。全て完璧に物事いくわけじゃないし、嫌なことだって辛いことだって思い通りにいかないことだって当たり前にある。ただ今は特に敏感ってことだね。ホルモンバランス。

いつか笑い話になればいい。なってほしい。

それよりも母子ともに無事に出産できたこと。ケアしてくれる方がいるから赤ちゃんも私も今ここに安心していられること。明るい方に目を向けて感謝しよう。

今日は早めに寝る。今日は全体的にネガティブな一日だったな。そんな日もあるある。大丈夫大丈夫。また明日。

 

出産レポートその4

2021/5/26(水)術後2日目

寝返り打って寝たり起きたり。

痛み止めの座薬は一日2回。

ベストタイミングを見計らうぞ。今日は授乳をしてあげたい。


ちなみに手術中、お腹を開いてみて改めて「何故逆子だったか?」を聞いたけど、特に臍の緒が巻き付いてるとか、赤ちゃんが動きにくい環境とかはなくて、「赤ちゃんがこの位置が良かっただけかな♪」とガーリーな尾木ママ風先生に言われた。


「普通は頭が重くなって自然と頭が下になるのに、ただこの位置が良いという意思だけで26週くらいの小さな身体のうちから逆子を保ち続けるなんて...只者ではないな、この子ッ!」と我が子ながら直感で思った。

 


4:30 ガスが出た。「ガスでました?」としつこく聞かれてたので、良いことなんだと思う。個室なので気兼ねなく出来るプ〜。


5:00 自力でトイレへ。やはりナイフで突き刺すような痛みは変わらず。

しかし、リクライニングを駆使してなるべく腹筋を使わない離床。事前にたくさん調べておいてよかった。コツ?を掴んできたかもしれない。

朝から産後ハイなのか?メールしたり、なんだりが止まらない。


7:00 夜勤担当の看護師様子見に来る。座薬の痛み止めの相談。一日2回できる。

お風呂入るのが13:00以降、しかも授乳もあるからそれのために1回と、夜のために1回残して今は耐えることにした。


8:00 朝食。ガスが出たので、おかゆ!!ありがたいです。

副菜、肉じゃがのような味だけど、潰してあるから分からない。やっぱり見た目って大切だね。高齢者の食事もあれじゃあ箸が進まないよね。改めて実感。

 

f:id:damomiiwasaki:20210527051038j:image


9:15 日勤の看護師さん。多分入院当日の人と同じ人?

血栓予防の注射打つ。やっぱりこの注射痛い。どんな種類の注射なのかな?とりあえず結構痛いぞ。打った後もじんわり痛い。

子宮の収縮チェック、傷チェックしてもらう。あとは、おっぱいマッサージ。なにこれ、こんなに痛いのか。「たまに自分でもしてみてくださ〜い」って。授乳うまくいきますよーに。

同じタイミングで医師の診察。子宮の収縮チェックとお腹の傷チェック。まあ、大丈夫なようで、シャワーOKでました。


11:00 看護師さんきて、点滴抜かれる。

なかなか血が止まらず焦る。

また夕方に今のより少し細い点滴を刺すそうだ。ようやく自由かと思ったがまだか。


11:50 昼ごはん。まだおかゆおかゆにクリームシチュー。クリームシチューがあまり得意ではない私...ごめんなさい。本当友達からもらったご飯のお供が最強すぎる。ありがたい。

 

f:id:damomiiwasaki:20210527051057j:image


12:00 事前に伝えてあったけど、時間になったらナースコールしてと言われていたので、座薬の痛み止めをナースコールでお願いする。


12:30 まだ来ない。イライラ。13:00にはシャワー入るために痛み止め効かせたいのに、昨日からこのために痛いの耐えたのに...痛め止め効くのは30分かかるぞ...痛い中でシャワーは無理だよ!とかなりイライラし、ナーバスになる。


12:45 やっと来た!と思ったら、今まで後ろについてた新人さんが痛み止め入れるとか言い出す。ベッドのリクライニングもあり得ない角度に倒され、「痛い!」と声が漏れる。

このメンタルでは失敗されたり、モタモタされたらキレると思ったので「すみません、痛みで余裕がないので代わってください。やらせてあげたいんですけど...」とお願いした。丁寧に

頼んでるのにオドオドしてんじゃねーよ新人!とさらにイラついたけど、ベテランさんに代わってもらえて良かった。


13:00 まだ痛み止めが効かないままシャワーへ行く。全てが思い通りになるわけじゃないって分かってるけど、イライラ。痛み代わってくれるのか?とイライラ。

これが噂の産後メンタル!?元々、神経質なところあるから!?

でももう過ぎたこと。このあと赤ちゃんに会えるだろうし、もう、さっさと忘れて気にしないことにした。

 

13:30 シャワー終わりさっぱり🚿

掃除の人が来てくれる。部屋もスッキリ。イライラしちゃいけないね。ごめんなさい(反省)

シャワー終わった旨のナースコール。赤ちゃんを連れてきてくれる。

さっきのこと再び謝る。「全然大丈夫ですよ〜!」とのこと。良かった。


粉ミルク、オムツ換え体験する。(うんちは緑色でビックリした)

ふんにゃふんにゃしている。よく見ると眉毛だけ茶色。おでこには旦那と全く同じ形の薄いアザ!?え、なにその遺伝。

ゆっくりと赤ちゃんと会えているので、リアルタイムで見てほしいと思い、数人にテレビ電話する。産後ハイ継続か...このあと鬱とかの波が来ないと良いけど...


16:00 になったらお乳をあげるけど、それまで一緒に過ごす。全然泣かない〜。

ちゃんとお乳あげれるかなー。マッサージしておこう。

助産師さんきた!

初授乳...赤ちゃん吸ってくれたけど全然吸いが持続せず、すぐ離してしまう。

お乳も出ない。ごめんよう。

「これだけ吸えただけですごいですよ!」と言ってくれたけど...明日こそは、ちゃんと吸えてミルク出てくれるといいな。

新米母ちゃん、いろいろ試練が多いです。

 

17:10 看護師さんと新人さん来る。血栓予防の注射、まさかの1日2回らしい。やっぱりこれ本当に地味に痛い。

そして再び点滴。一度失敗されたけど、大丈夫です。明日は、今まで刺さってたような太い点滴やるらしい。嫌だな。痛いことばかり〜。


気を紛らわそうと、「今日は皆既月食スーパームーンですね。やっぱりお産多いんですか?」と聞くと、「知らなかったです!でもお産は確かに多いです。いつもモニターが二つくらいなのに今日は八つついてました!(笑)」と。

やっぱり関係あるんだ!!赤ちゃん&出産ってすげ!

 


17:30 手術担当してくれた先生が訪問してくれ傷の具合チェックしてくれる。若くて綺麗な先生。傷の治りも良いらしい。


17:40 夕飯来る。まだおかゆ。豆腐、ふわふわ団子みたいなやつとか...食欲出ない。テレビからケンタッキーのCM。ケンタッキー出してくれええ。

f:id:damomiiwasaki:20210527051144j:image

 

18:00 今日の夜勤はオカリナさんだー。嬉しくてニヤニヤする。ツーショットで写真撮るのもな。変だし。ウズウズ我慢する。

 


21:40 オカリナさん。痛み止めの座薬を入れてもらう。子宮収縮チェックや血圧などもはかる。


23:00 オカリナさんもう一度来る。再び子宮収縮チェック。


横向きで寝たいが傷の痛みと違和感で仰向けしか出来ず。なかなか寝付けない。さて、明日の傷の痛みはどうかな〜。

 

 

出産レポートその3

2021/5/25(火)術後1日目


引き続き夜勤の看護師さんが定期的に様子を見にきてくれる。明け方までかな。丁寧で良い看護師さんだった。


8:00 見たことない看護師さんが貧血などのチェックのための採血に来る。痛くなかった。ホッ。


8:45 今日担当の看護師さんと昨日と同じ新人さん来る。血圧、検温、子宮収縮のチェックなどしてくれる。この看護師さん完全にオカリナでした。顔も似てるし、髪型も寄せてるってことはファンなんだろうか?


9:00 医師の回診。

この女医さん淡々としすぎてるのか感じ悪い。眠気があると言ったら痛み止めの量を減らされた。

水を飲む許可も出た〜。「今日はたくさん歩く練習しましょう」って...歩けるのだろうか?


9:40 久しぶりに水分とれる。ふう。おいしい!おいしい!!(笑)ありがたい。生きて帰ってこれて良かった...としみじみ思う。

 


10:00 看護師さん点滴かえにきた。オカリナさん。ocarina。今日は歩く練習するとのことでそのためか、ベッドのリクライニングの頭をあげられる。

 


10:40 ベッドのリクライニングがあがっているのでお尻が痛い。ナースコールし下げてもらう。


11:30 オカリナ看護師さんきて、いよいよ歩く練習。そのまえに着替え、清拭、尿カテーテル抜かれる...足ポンプ取り外し、などの処置をされる。

足がかゆくて、かいてもらう。こんなこと頼んで良いんだろうか?痛い訴えより、痒い方が我慢出来なかった。

いろいろ繋がれてたのがなくなってスッキリ。


では、歩きましょう!よいしょ!

って、え???痛いいいいいい。なんやねんこれ。無理無理無視。

この痛み、例えられない。「普通にお腹を15㎝切られてたので動くと痛いです!」って痛み。ナイフでグサグサ刺されるような、そんな痛み。でも逆子のためのお灸の一番熱い瞬間よりは耐えられる。やっぱり水ぶくれができるほどの火傷の痛みはかなり痛みレベル高いんだなと思った。ただお灸は数十秒だから、終わりが見えるけど、このお腹の痛みは永遠に続く気がするので精神的に辛い。

入院前に2回ほど繰り返し見た、映画ラストサムライを思い出す、切腹したサムライは相当な覚悟と痛みだったろう。私の覚悟はこの痛みを乗り越えて、赤ちゃんを育てること、切腹は同じでもサムライママよ!と考える。


そんな妄想は、さておきこのままでは歩けそうにないので、しっかりと痛み止めの座薬を入れてもらう。


12:30 車椅子に移乗し昨日まで泊まっていた部屋へ。冷や汗。でも行く途中、小児科の先生が気を利かせて赤ちゃんを抱いてガラス越しに見せてくれる。既に昨日と顔変わっとる!めちゃくちゃ可愛い我が子。ママ、がんばるわよ。


13:00 我が子のガラス越しの姿、写真みながら、一人部屋で歩く練習をする。行ったり来たり。激激激痛。そういえば友達からもらったツボ押し棒と握りボールがあったな。八つ当たり並みににボールにぎる(笑)

早期離床は自分のためにも良い。回復も早くなるって。ということは早くおっぱいとかおむつとか、顔見に行ったりも、できるってこと。赤ちゃんのために...この痛みに勝つ。日に日に良くなるって噂だし、今以上の痛みはこの先はないだろうと思い一瞬一瞬を耐えるのみ。


14:15 オカリナ点滴の様子見に来る。まだ終わってないので帰ってく。


14:45 オカリナ、点滴かえてくれる。


15:15 オカリナ、子宮収縮のチェックしてくれた。この子宮の収縮チェックってやつ、いろんな人のレポート呼んで結構激痛だという人が多かったし、全ての看護師さんが「ごめんね、痛いよね。」的なことを言うのでおそらく相当痛い行為なんだろうけど、正直わたしはそこまで痛いと感じない。ウッってくらい。

もう麻痺しているんだろうか?

 

そして、オカリナ赤ちゃん連れてきてくれる。束の間の親子時間。

そして、改めて確認。

 

「2021/5/24 14:55 

3172g 52.5cm」

 

世界一可愛い赤ちゃんだと思う。絶対に守らなきゃと思う。

 

16:00

オカリナ赤ちゃんつれてってしまう😭おいー。


16:15 オカリナ様子見にきてくれる。自力でトイレに行けた。練習で歩いた成果出てると褒められる!

そして、血栓予防の注射。肩に打つ。薬入る時?これが地味に痛い。肩の中で梨汁プシャーって感じ?術後6日目まで続くそうだ。


17:00 母面会に来る。新米母と新米祖母か。「おかーしゃーん」すでに孫を溺愛。着いたよ〜の連絡から遅いので心配していたら、赤ちゃんを見せてもらえたようで写真を取りまくっていた模様。

「受付の人にも、可愛いね。ハーフ?鼻が高い感じするね〜と言われたわ〜」お と嬉しそう!


17:50 ごはん来る

な、なんじゃこりゃ!?重湯...初めて見た。でも食べ物を頂けてありがたい。そういえば昨日から絶食してたけど、特にお腹減ってないな。液体の夜ご飯。

 

f:id:damomiiwasaki:20210527050018j:image

 


18:30 夜勤担当の看護師さんくる。若くて可愛らしい感じだが余分なことしない、業務をさっさとするってタイプ。

 


強い眠気でウトウト。

途中、点滴の切れる音で目が覚めてナースコール。21:00くらいと1:00くらいかな。

その他はずっと寝ていた。

 


一つ覚えているのが、ウトウト夢うつつの中で男数名が自己紹介している。

「わたしは保育士です。わたしも保育士です。わたしもホイクシです。わたしはキモイシです。」という場面が無限ループしていたこと。

 

術後なのでやっぱり多少の脳のバグはあるのかな...と思ったりする。

出産レポートその2

2021/5/24(月)手術当日


6:00 ナースコール来る。

泊まってる部屋から一つ下の階にある昨日お同じ部屋(陣痛室)へ行くよう指示される。朝早い。

血圧計る。問題なし。

NST再びスタート。(そういえばNSTのためのお腹に巻くベルト、コロナで使い回し回避のため自分専用を買った。¥500だって。もうNSTはこれで終わりだけど。記念になるから良いか〜)


陣痛室からも、ナースステーションにいる誰かの赤ちゃんの元気な泣き声が聞こえてきて可愛い。うちの子はどんな顔、どんな泣き声かなー。旦那は何故か生まれたとき金髪だったけど(旦那の両親の髪の色は茶色だけど。髪の色が変わるのは外国人はよくあるみたい。)、この子はどうだろー。と考える。


そういえば、このあと浣腸するって言ってたな。初なので分からないけど、考えただけでお腹が痛くなってくる気がする。


NST終わり。再び血圧計る。問題なし。

看護師さんに朝便通があった旨を伝える。医師に確認してもらい「浣腸しなくて良いよー」とのこと。一つ痛いの回避できた。快便で良かった、救われた(笑)

噂ではお腹を下す痛みがあるのに数分耐えなきゃいけないとか!?とりあえず良かった。


「8:30くらいにシャワー入ってくださいね〜」とのこと。

時間までテレビ見たり、ダラダラ過ごす。9:00から絶飲なので、噛み締めて水を飲んでおく。


8:30 言われた通り素直にシャワー浴びる。病院で指定された服に着替える。赤のチェックのワンピースみたいなやつ。

肩にもボタンがついて着脱しやすいね。


9:00 昼間担当の看護師さんが来る。新人さん?みたいな人もついてくる。

ナースコールが鳴ったら5階に再び行って、医師の診察を受ける旨の説明を受ける。


9:06 早速ナースコールで5階に呼ばれた。

お風呂?かな。数人の小さな赤ちゃんがドアの前に並べられて、えんえん泣いている。声も泣き方も一人一人違ってめちゃくちゃ可愛い。全員泣き止む瞬間があった。なんなんだろう?

 

名前呼ばれ、手術を担当してくれる女の先生、内診してくれる。検診の時もお世話になったことあるから安心。若くて気さくで良い先生。

あともう一人の先生は、これまた検診のとき何度もお世話になった尾木ママみたいなガーリーな先生。知ってる先生ってだけで少し安心する。

内診したけど、何も言われなかったので問題はないよう。でも、「手術直前逆子が治った!」の奇跡は起こらなかった。

その後、また陣痛室に入り、背中に入れる腰椎麻酔の痛みを和らげるシールを貼ってもらう。このシールどのくらいの効果あるのよ?腰に注射って痛くないわけないよね。未知です。

 


不安なことはあるかと聞かれたので再度「怖がりで、痛がりで...」と伝えた。

基本的にこの病院の手術は13:00からで、私は二番目らしいので、14:30?15:00?その頃多分手術が始まる予定。

家族は14:00頃、駐車場にきて待機しててって。手術開始の15分前に旦那さんだけ病院入れる。今か?今か?とたくさん待たせるね。ごめんね。

 


診察等終わったので部屋に戻る。着圧ソックスをはいて、内診が終わった旨のナースコール。

 


9:30 看護師さん来る。

また初々しい新人看護師さんも来る。

点滴。術後の麻酔もこの針で流れるから、しばらくはつけっぱなし。

めちゃくちゃ太い針にびびる。絶対痛いだろと手汗がすごい。

腕の外側ら辺にブサッと刺さる。意外な場所です。でも、検診のときの採血の方が数倍痛かった(その看護師さんのテクニックのなさ?)ので、あまりの痛くなさに拍子抜けする。

もう終わったと思ってたNST再び開始。手術前までつけっぱなしにするそう。赤ちゃんの心音がドクドク。あなたもうすぐ産まれるのよ〜。

昨日あんまり寝付けなかったので、今のうちに寝とくかー。

 


10:30 初めてみる看護師さん?来る。

薬のアレルギー、食べ物のアレルギーはないかなどいくつかの質問と手術の確認など。この人も手術のメンバーかな?

アルコール消毒は皮膚が赤くなるので、イソジンみたいな黄色の液体で消毒することになった。

 


11:00 点滴してくれて看護師さんと新人さん来る。点滴とNSTの確認してくれる。

ずっと仰向けで腰が痛かったので横むきひ体制を変えた。お腹に巻いたNSTのベルトもずれるので、つけなおしてもらった。腰が楽になった〜。

 


11:30 いつもの二人組の看護師が来る。点滴交換。次の点滴も1時間半くらいかかるって。ちょこちょこ様子を見にきてくれるので、ウトウトしては起きての繰り返し。

寝ておいた方が良いんだろうか?

 


12:30 二人組の看護師さん様子を見に来る。

トイレに行っておく。

 


13:00 二人組の看護師さん来る。新しい点滴に変わる。1組目の手術する人は、始まった頃かしら?結局まともに眠れてないのでかなり眠い。

 


14:00 手術開始は14:30だと伝えられる。15分前に陣痛室に移動するそうだ。旦那も15分前に陣痛室に入れる。

点滴から吐き気どめを処方される。

別の看護師さんから、学生が見学して良いか?と聞かれる。嫌だったけど、力になれば...とOKする。

 


14:15 陣痛室へ。

旦那はもういて待ってた。顔を見たら泣きそうになる。

 


14:30 名前を呼ばれ手術室へ。

テレビでよく見るTHE 手術って感じの場所。看護師さんやら医者やら...10人くらいはいるんじゃないかな?

とりあえず雰囲気が怖い。それわたしに使うの!?!?手術の用具が並んでいる。

さんざん迷った挙句、手術BGMは「あぶらすまし、タテタカコさんのもう僕は終わりを考えたりしない」にしました。いろいろがギュッと詰まった好きな歌。

 


それからは指示のまま、身ぐるみを剥がされあれよあれよと準備が進んでいく。血圧測ったり、消毒したり、何かに繋いだり?テキパキすぎて何が何やらよく分からん。ベテラン看護師さん、新人看護師へ指導しているが新人看護師さん鈍臭くてちょいちょい怒られていた。

 


そして恐れていて腰椎麻酔。

狭い手術台の上で、エビのように丸くなるのは至難の業。力入ってたり、丸みが甘いとうまく入らないらしいので、目いっぱいがんばる。

消毒され、打たれる。チクッ!のあと重い感じがズーーーン!って感覚。朝貼ってもらった麻酔シール?のおかげかな?そこまで痛くなかった。

 


そして、仰向けになり、いざ手術開始。

保冷剤を当てられ麻酔の効き具合のチェック。ここで効きが甘いとただの切腹になるので神経を研ぎ澄ませる。

「ここは冷たい?ここは?」と看護師さんとのやりとりの末、足が長時間正座してて立てなくなった!みたいな痺れみたいな感じになってくる。念入りに麻酔のチェックをしてもらい...「あら!心拍が通常の2倍になってるよ!緊張してる?酸素マスクするね!」とつけられる。麻酔の効き具合のチェックが一番怖かったかもしれない。

 


「骨盤位(逆子)のため、どうたらこうたら〜」と医者が言う。」「いま、切ってるよ〜」全然分からん!!

 


手術中は、例えるなら寝たまま乗ってるよく分からんアトラクション?のように、押されたり揺れたりを繰り返している。確実に触られているのに、痛みはない。それがめちゃくちゃ怖い。でも麻酔はガンガン効いているようなので安心してきた。

看護師さんも「よかった。心拍戻ってるね。落ち着いてきたかな?」と。

 


ガサゴソガサゴソ。

「いま赤ちゃんのお尻でたよ〜」と医師が言ってから数秒後、「おぎゃあおぎゃあ😭👶」

「赤ちゃん問題なく元気ですよ〜」

 


その言葉にホッとして、涙があふれる。しばらくして肩のところに赤ちゃんを見せにきてくれる。3172g意外と大きい!めちゃくちゃ可愛い。めちゃくちゃ可愛い。めーちゃくちゃ可愛い!


胎盤出たよ〜」と言われ、そのあと眠くなる薬を入れられ多分寝た?のかな。

起こされ、ベッドのまま陣痛室に戻る。旦那もいる。


麻酔と痛み止めのおかげで、傷の痛みはほとんどないけど、足の感覚がないことに対してストレスを感じる。動かしたいのに足だけセメントで埋められてるみたい...ほんとにそれが苦痛で仕方なかった!!

旦那さん面会時間終わり帰って行く。

 


夕方、夜勤担当の看護師さん定期的に血圧、検温、子宮の戻りの確認(お腹を押される)などしてくれる。私は麻酔がよく効いてくれているのか、眠い。ひたすらに眠い 。

定期的に診てもらってるので、睡眠も細切れだけれど足の感覚も戻り、傷の痛みも、のたうち回るほど強くなく、落ち着いている。

 


夜勤の看護師さん、旦那との馴れ初めなどいろいろ聞いてくる(笑)ただ淡々と業務をこなすんじゃなく、たわいもない雑談してくれると嬉しいね。

出産レポートその1

2021/5/23(日)前日入院


日曜日なので病院は休みかー。病院前で旦那と写真を撮る。院内は真っ暗。


14:00 入院

ナースステーションの近くにある陣痛室と呼ばれるところに案内され荷物を置く。

尿検査、血圧、体重を測る。

必要書類一式を提出。


NSTノンストレステスト

赤ちゃんの心拍やお腹の張りのチェック。

テレビ見ながら40分くらい。

途中、看護師さん入ってきて...

▶︎「定期的にお腹の張りが見られる」とのこと。

このまま破水や陣痛に繋がると、日曜日の今日は小児科の先生も居なく、何かあった場合は違う病院に搬送になる&人手が少ないまま夜間緊急帝王切開になるので、それを避けるため以前も飲んでた飲み薬服用。


張りの具合を見ながらNSTを更に継続。


バースプランにいろいろ不安なこと書いたから特にだと思うけど看護師さんが親身に話をしてくれて好印象。「迷惑なんて思わなくて良いですよ〜。痛かった!もう二度としたくない!ってお産より、母になるんだから!と我慢せずに痛み止め使ってもらっていいんですよ」と。めんどくさい患者で申し訳ない...。


しばらく様子見後、医者からお腹の張りも良さそうなので、NST終わってOKが出る。


内診室にて除毛してもらう。


泊まる部屋に移動。

620号室。ん?写真で見るより狭い!?

けど、綺麗。テレビも冷蔵庫も有料カードなどなく使える。トイレはついてるけどシャワーはついてないので、部屋を出たところにえるシャワー室でシャワーを浴びて荷物整理。

どうやら、術後4日目から母子同室なので、病院のHPの写真で見た大きな部屋に移動らしい。とりあえずガサゴソ荷物整理。

太るから我慢していたコーラを自販機で購入。最高!おいしい!

 


18:00 夕飯

エビマヨかな?何故かご飯リクエストの案内用紙が英語バージョンで来る(笑)

エビマヨおいしいけど、ご飯は進まない。

友達からもらった「しゃけめんたい」。最高のご飯のお供のおかげで全部平らげる。今日0:00から、絶食なので頑張って食べておく。

 

f:id:damomiiwasaki:20210527044722j:image

 

f:id:damomiiwasaki:20210527044740j:image

 

食べてる途中、18:00すぎ夜勤の看護師さん来る。明日の説明など改めてしてくれる。

また21:00くらいに来ると言っていた。

 


21:00 夜勤の看護師さん訪問。

変わりないか?とだけ聞かれる。変わりない。

 


テレビとか見て過ごす。

早めにベッドに入るも目が冴えてなかなか寝付けず。いろんな人の帝王切開レポートを読む。

 

そんなことより赤ちゃんに会える喜びをメインに考えなきゃと頭を切り替える。寝たり起きたりを繰り返し、結局5:00に目が覚める。

タコ噛みージョ

アヒージョと名のつく、料理を作った。

わたしは、完全にアヒージョと名のつくそれに混入したタコを飲み込むタイミングを失い、噛み続けることに時間を費やしているのだが、はて、タコ噛み空間以外の人々は、今頃なにをしているのだろうか?と考える。部屋に篭りきりの生活で毎日が単調に感じるが、疑問や想像は無限で無料だ。

 

話は変わり、以前に綴ったJVNに絵を送り続けるというストーカー気質発動系の件。

何と、ストーカー12日目にして返信がきた。

プライベートメッセージにて肯定的な返信。

まさかメッセージが届いていたとは…。まずそこに驚き、また返信をくれた心広きJVNに感謝。

今後、どうするべきか、瞑想を繰り返した結果、続けることにした。

便利なことにメッセージを開いたかどうかを確認することができる「既読」マーク。

今のところ返信は一度のみだが、既読は毎日確認できるので否定的ではないと信じよう。

もちろんモラルは守っているよ。